V R

イベント出展支援サービス(VR体験デモンストレーション)

VR(バーチャルリアリティ)関連サービスが次々と誕生する中、6割以上の方がVR未体験という、動画マーケティング会社の調査結果があります。
さらに、VRを体験した方の約半数が、VR体験のきっかけはテレビやイベントであると回答しました。下図1位、2位の合計47.3%。つまり、“体験するきっかけを作ること”がVR普及の鍵なのです。


順位 VR体験のきっかけ 人数 比率
1位 TV番組を見て 179 27.0%
2位 イベントを通りかかって 135 20.3%
3位 触れたコンテンツがたまたまVRだった 116 17.5%
4位 友人・知人に誘われて 101 15.2%
5位 広告を見て 73 11.0%
6位 SNSやブログの投稿を見て 52 7.8%
7位 その他 8 1.2%

出典:株式会社Viibar



各種イベントや展示会など、全国どこへでも出張いたします。
基本料金(VR機材一式・モニター+専門スタッフ2名)
200,000 円 / 日(税別)

諸経費(燃料費、高速・有料道路利用料、駐車料、宿泊費等)
※会場で使用する光回線・プロバイダは、お客様にてご用意ください。
使用システム
ヘッドマウントディスプレイ、
コントローラー、ベースステーション
htc VIVE
バックパックPC MSI VR One または
据置型PC(NVIDIA GeForce GTX 1080仕様)


VR機材販売・運用支援・コンテンツ制作支援

VR機材販売

VRヘッドマウントディスプレイ【 htc VIVE(エイチティーシー ヴァイヴ)】
150,000 円〜(税別)
(お問合せ下さい)

バーチャルな世界の中で立ち上がったり、歩いたり、何かを避けたり、突っ込んだりできるのは、Viveの大きな特徴です。現実と見間違うほどの高精細なグラフィックス、あらゆる方向を滑らかに見渡せる110°の視野角、そして、他の追従を許さない圧倒的な没入感を誇るのがVIVEなのです。

同梱品 ヘッドセット×1、ワイヤレスコントローラ×2、ベースステーション×2、
リンクボックス×1、日本語対応マニュアル他、ケーブル一式
仕様 【本体】
解像度:2160(1080*2)×1200 リフレッシュレート 90Hz
重量:620g
ヘッドホン・イヤホン:3.5㎜ジャックまたはUSBヘッドセット
ケーブル長さ:5m(+リンクボックス、1mケーブル)
【専用コントローラー】
バッテリー:内蔵バッテリー
充電方法:micro USB
重量:403g
【ベースステーション】
ベースステーションが照射する赤外線を、ヘッドマウントディスプレイ・専用コントローラー側のセンサーが検知し、ヘッドマウントディスプレイから送られた照射角からPC側で位置計算を行うのが特徴です。ベースステーション自体はPCとの通信がないため、バックパックPCで利用することが可能です。
htc VIVE推奨動作環境
CPU:intel i5 7500以上(4コア4スレッド)(推奨)
GPU:NVIDIA GTX 1070(推奨)
システムメモリ:16GB(推奨)
システムストレージ:250GB SSD(推奨)
データストレージ:500GB SSD(推奨)
OS:Windows10 64bit Home(推奨)

VR対応バックパック型PC【 MSI VR One(エムエスアイ ヴイアールワン)】
300,000 円〜(税別)
(お問合せ下さい)

世界最軽量(16年9月現在)、なおかつ究極のパフォーマンス、そしてVR空間を自由に動き回れるコードフリーなバックパック型PCで、滑らかなVR体験をお楽しみいただけます。

仕様 外形寸法:幅409×奥行292×厚さ54mm
重量:3.6kg(バッテリー有)
ポート:USB3.0
コネクタ:4
HDMI出力:1
ミニディスプレイポート:1
マイク:ヘッドホン
1/1(S/PDIF光出力兼用)Thunderbolt Port:1
(USB3.1 Type-Cコネクター、4K出力、5V3A給電対応)
CPU:intel Core i7-6820HK(2.7GHz / Turbo 3.6GHz)4C8T
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070
システムメモリ:32GB(16GB×2)空きスロットなし
データストレージ:512GB SSD
OS:Windows10 Pro

VRコンテンツ制作支援

4K360°撮影からスティッチング作業、配信作業までトータルにおまかせください。
CG合成、字幕、BGM、ナレーションはもちろん、360° 4Kカメラをドローンに搭載して、大迫力の映像を撮影することも可能です。
映像制作会社ならではのクオリティーで、皆様のVR事業に貢献いたします。


360°撮影の一例